お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2010
[ニュース]
2010年1月〜
常陸太田市立水府小学校でスナッグゴルフ実技講習を実施
 
.
飛田プロのデモショットに歓声があがる

 
昨年の、「UBS日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズ」における、社会貢献活動の一環 として計画された、スナッグゴルフ・スクールセットの寄贈・導入小学校のうち、静ヒルズカントリークラブ近 隣の、常陸太田市、常陸大宮市、城里町に導入された小学校で実技講習会が、常陸太 田市立水府小学校を皮切りに始まった。


 
.
パッティング練習の様子

 
この寄贈計画は、特別協賛社である森ビル株式 会社の支援を得て行なわれており、今回の寄贈11セットを含めた茨城県内の導入 セット数は累計で79セットとなり、茨城県内の導入小学校数は全国的にも断トツの数 を誇る。

そして、2003年2月から始まった、当機構からの小学校への導入活動は、全国で累計 173セットとなり、プロゴルファーが自身の出身小学校やゆかりの小学校に寄贈した 16セットを合わせると、その合計は189セットにのぼる。


 
.
各グループのリーダーがお友達にも伝授

 
水府小学校での実技講習会は、2月とは思えぬ温かな天候の中、グラウンドで行わ れ、3年生から6年生の82名が参加した。

この日の講師は、NPO法人日本ジュニアゴルファー育成協議会の協力により、社団法人日本プロゴルフ協会の飛田覚プロ(水戸グリーンカントリークラブ所属)が担当し、 パット、チップショット、フルショットの基本練習の後、プロと代表児童が対戦する 形でのコースプレーも披露され、小学校の校庭でのゴルフの楽しみ方も学んだ。


佐川憲一郎校長は、「4つの小学校が統合して2年目。小規模校ながら児童たちには 色々なことにチャレンジさせたい」と、スナッグゴルフの導入に積極的に動き、今 回、常陸太田市で導入された5校のうち、最も早い実技講習の実現となった。

水府小学校では早速、クラブ活動での導入の計画もあり、新学期からは校庭でゴルフ を楽しむ光景が始まりそうだ。


 
. .
フルショットの練習   佐川校長もフルショットに挑戦

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION