お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2009
[ニュース]
2009年1月〜
静ヒルズトミーカップ最終日に小学生ゴルフ体験会を開催
 
.
 

 
茨城県の静ヒルズカントリークラブで開催された、ジャパンゴルフツアー・チャレン ジトーナメント静ヒルズトミーカップ最終日に、地元の小学生を対象としたゴルフ体 験会が行われ、2年生から6年生までの30名の児童が参加した。


 
.
 

 
この体験会は、地元で普及しているスナッグゴルフ導入小学校を対象に、ゴルフ場で のプレー経験が3回以下の児童に呼びかけた、初級者向けの体験会で、スナッグゴル フを卒業してゴルフにステップアップする機会を提供するべく行われた。


 
.
 

 
参加者は4つのグループに分かれ、各組には日本女子プロゴルフ協会の講師プロが付 き、午前中はパット、アプローチ、ショットの練習、そしてランチタイムはバーベ キューエリアに移動し、中嶋常幸が焼きそばのコーナーを担当して、子どもたちに振 る舞うなど、大会ホストプロとしての傍ら、要所で子どもたちとの触れ合いも積極的 に行った。


 
.
 

 
午後は、コースの敷地内にあるパー3コースに移り、実践プレーも体験した。

パー3コースは、本コースと同じ芝と同じ設計コンセプトの本格コースで、ゴルフ経 験の少ない児童たちは、グリーン上でのパットに苦戦したが、それ以上にゴルフを満 喫した。


 
.
 

 
参加者に体験会の感想を尋ねると、「スナッグゴルフよりもゴルフは難しかった」と か、「ゴルフ体験会を通じてゴルフの楽しさがわかった」など、ゴルフの魅力を更に 感じることができたようだ。

そして閉会式で中嶋常幸から小学生の頃の出来事が話された。


 
.
 

 
『僕は5年生のときにゴルフを始め、ゴルフ大好きのゴルフバカだったため、同級生 に「ゴルキチ」というあだ名を付けられました。

そして6年生の卒業のときに先生から、「中嶋くんに期待しています」とみんなの前 で言われ、それに対してクラスメイトからは「何で勉強のできない中嶋くんに期待す るんだ!」と言われたことに対して先生が、「中嶋くんはゴルフを勉強と同じくらい がんばった」と言ってもらい嬉しかった。』


 
.
 

 
更に中嶋は安全配慮の大切さについても触れた。

『中学生の時、友だちが家に遊びに来て、ゴルフのクラブを振っていたところ、僕が 振り上げたクラブが友達のアゴに当たり怪我をさせてしまった。 みんなもクラブを振る時には、しっかりまわりを見て注意して振ってください。』


 
.
 

 
中嶋はゴルフ体験会の閉会式で、とても大切なことを、参加者と同じ年頃のエピソー ドに合わせて、工夫して子どもたちの心に響く伝え方をし、その心配りの深さを改め て感じさせた。

大会が終わっても、中嶋に並ぶ子どもたちのサイン待ちの列は途切れることがなく、 自ら持参したサインペンで、一人ひとりに丁寧にサインと日付を書き続けた。


もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2011 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION