お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2009
[ニュース]
2009年1月〜
勝紀杯第9回スナッグゴルフ大会を武庫ノ台ゴルフコースで開催
 
.
始球式では「恒例」の煙の出ないハプニングも

 
9回目の開催を迎えた勝紀杯スナッグゴルフ大会(当機構など後援)は、太陽と曇り空 が交互に入れ替わり、時折粉雪が舞い降りる天候の下、兵庫県神戸市北区にある武庫 ノ台ゴルフコースで行なわれ、ペア対抗戦に43組86名、小学生対抗戦に49名、オープ ン競技に34名の計169名が参加して開催された。

回を重ねるごとに参加者が増しており、今回よりオープンの部を開会式前からスター トする方法で対応した。


 
.
音楽に合わせた楽しいウォーミングアップ

 
武庫ノ台ゴルフコースは小高い山の頂に あり、雄大な北摂連山を借景に、西の名匠、上田治氏が羽束山を望む形で設計され た、伝統ある関西屈指のパブリックコースで、今年で43年目を迎える。

更に高橋勝成プロのアドバイスにより、景観を中心とした整備を行い、閉そく感が解 消され、コース内にはさわやかな風が流れるようになり、近隣の山々を望むロケー ションも良く、来場者数を増やしているという。


 
.
高橋プロは子どもたちとお餅つきを楽しんだ

 
この大会は、高橋プロの次男、「勝紀くん」の名を冠した大会で、第1回大会は勝紀 くんの誕生日である1月9日に行なわれ、以来、毎年2回、夏と冬に開催され回を重ね てきた。

今年の夏にはいよいよ10回目の記念大会を迎えることになり、毎回新たな工夫が加え られるが、次回からは女子の部の表彰も検討している。

手弁当で始めた大会は、多くの有志たちの尽力により開催されている。 その最大の応援者がゴルフトーナメントボランティア有志の会の皆さん。


 
.
大会を支えるゴルフトーナメント
ボランティア有志の会の皆さん

 
シーズン中は全国のプロゴルフトーナメントに出向いては、スコアラー、ホールマー シャル、スコアボードなどの業務にあたり、シーズンオフも高橋プロの活動に賛同し て、ボランティアさん同士が声をかけあい、率先して参加して運営に携わってくれて いる。この日も30名を越える方々が応援にかけつけ、スコアラーや集計業務に精を出 した。


 
.
ティショットの様子

 
また、開催コースである武庫ノ台ゴルフコースは、三連休の真ん中の日に、来場客の スタートを調整して、採算度外視でのコース解放と、多くのコーススタッフをこの大 会に割いて、最大級の応援体制を敷いている。

高橋プロの大会への想いは一貫している。 それは子どもたちに元気よく育って欲しい、という願いである。


 
.
 



 
幼くして旅立った勝紀くんと家族みんなが楽しんだスナッグゴルフを活用して、子ど もたちには屋外で元気よく楽しんでほしいという願いだ。

高橋プロはその想いをこう表現する。

「ゴルフ場は教育現場です。」 「ゴルフ場という自然の中で、体で風を感じ、足で大地を踏みしめ、五感を使って勉 強する。」 

学校では教えてもらえない教育を、子どもと大人が一緒になって学び、ゴルフ場で勉 強してもらうことを狙っている。


この日も大会前の午前中に、約90分間の「遊び」の時間を設け、地元の「元気ジム」 のスタッフの皆さんの協力で、歌や音楽に合わせたウォーミングアップと、コマまわ し、凧揚げ、ケン玉など、日本の伝統文化であるお正月遊びも楽しみ、餅つきも体験 してつきたてのお餅を頬張った。

いずれの遊びも、体のいろいろの部分を使う遊びで、「コツ」をつかむことが他のス ポーツにも影響するという考えだ。

大会は回を重ねるごとに礼儀も、プレースピードも、技術レベルも上がっており、ス ムーズな進行で行われた。

高橋プロは閉会式で、「この活動はゴルフの推奨やプロ作りではありません。ゴルフ 場は教育現場です。大人も子どもと一緒に勉強して、まずは大人が襟を正して子ども たちを導いてください。そして子どもたちは、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さ ん、お母さんに感謝の気持ちを持ってください。」と挨拶。 このポリシーが参加者や支援者たちの指針であり、この大会を継続させているエネル ギーでもある。

今回の始球式も、スモークボールから煙が出ず、和やかなムードでスタートした勝紀 杯。 やんちゃな勝紀くんが、天国からいつもイタズラをして大会を盛り上げているかと想 像させられる。


■各部門の上位成績

小学生1-2年生の部<9ホール 497ヤード パー36>
優勝 谷口倖星(神戸市立塩屋北小学校2年生) 33ストローク
2位 小木野太優(豊中市立北緑丘小学校1年生) 34ストローク
3位 岸本大地(神戸市立塩屋北小学校2年生) 34ストローク

小学生3-4年生の部<9ホール 497ヤード パー36>
優勝 永田美礼(神戸市須磨浦小学校4年生) 28ストローク
2位 西田智哉(播磨町立播磨南小学校3年生) 28ストローク
3位 濱田阿希(神戸市立塩屋北小学校4年生) 30ストローク
4位 本岡稚菜(播磨町立播磨南小学校3年生) 30ストローク

小学生5-6年生の部<9ホール 497ヤード パー36>
優勝 中谷友哉(播磨町立播磨南小学校5年生) 29ストローク
2位 山口大智(神戸市立有瀬小学校6年生) 30ストローク
3位 岸本文太(神戸市立塩屋北小学校5年生) 30ストローク
4位 草部拓統(播磨町立播磨南小学校5年生) 30ストローク

オープンの部<9ホール 636ヤード パー36>
優勝 岡田大輝 31ストローク
2位 大里祐一 31ストローク
3位 並木譲平 32ストローク

60才以上の部<9ホール 636ヤード パー36>
優勝 仁藤憲征 30ストローク
2位 田中芙佐子 31ストローク
3位 大前均 31ストローク

70才以上の部<9ホール 636ヤード パー36>
優勝 妹尾義雄 29ストローク

ペア対抗戦の部<9ホール 636ヤード パー36>
優勝 谷川勝三/谷川直也ペア 30ストローク
2位 ドゥセット・デニス/ジョンポール巧ペア 31ストローク
3位 太田均/太田尚之介ペア 33ストローク

*同スコアの場合には9番ホールからのカウントバックにより順位を決定

ホールインワン
小林圭佑(ペア対抗戦の部) 3番ホール 38ヤード パー3
芳川敬子(60才以上の部) 3番ホール 38ヤード パー3


■勝紀杯スナッグゴルフ大会の概要

主催:
Kat's Kids Club(高橋勝成プロ)

後援:
社団法人日本ゴルフツアー機構
日本スナッグゴルフ協会
NPO法人日本ジュニアゴルファー育成協議会

協力:
ゴルフトーナメントボランティア有志の会
株式会社関電アメニックス・武庫ノ台事業部
株式会社山一エンタープライズ
株式会社尾上ゴルフセンター
株式会社ヨコオゴルフ
株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
みんなげんきジム
西宮市教育委員会スポーツ振興課
株式会社阪急阪神ホテルズ
神戸市立道場小学校

協賛:
大塚製薬株式会社神戸支店
オタフクソース株式会社
株式会社ダイレクト
原田ウェルディング株式会社
株式会社ルーツゴルフ
コクヨS&T株式会社


 
. .
お土産を配る高橋プロ   以下、各部門の優勝者たち

 
. .
     

 
. .
     




もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2011 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION