お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2008
[ニュース]
2008年1月〜
株式会社JOYXから西宮市教育委員会にスナッグゴルフ・スクールセットを寄贈
 
.
JOYX前村直昭さん、R・テイトさんから、
教育委員会の千原清・社会教育部
長、大林英夫校長に用具の贈呈がされた

 
数多くのプロゴルファーをマネジメントする株式会社JOYX(ジョイックス)が、自社の 主催したプロアマチャリ ティゴルフイベントなどで寄せられた寄金を基に、スナッグゴルフ・スクール セットを西宮市教育委員会に寄贈した。

西宮市教育委員会では、市内の42小学校へ活用希望を打診し、希望のあった12校から 西宮市立高須南小学校が選考され、3月5日に贈呈式と実技講習会が実施された。当日 は晴天ながら寒さ厳しい中、6年生61名が初めてのゴルフを体験した。


 
.
轟悦子プロによるフルショット

 
講師はLPGAジュニアゴルフコーチの轟悦子プロに加え、JOYX所属で県内の三田市に在 住のツアープレーヤーであるプロリチャード・テイトも応援に駆けつけて、親切・丁寧な指導が行われた。

また、西宮市体育指導員の方々や、西宮市ゴルフ協会スナッグゴルフ部の指導者の皆 様にもお越し頂いて、基本指導や安全配慮への指導をして頂いた。

 
.
R・テイトプロはスキンシップをとっての指導

 
西宮市ゴルフ協会スナッグゴルフ部には33名のスナッグゴルフ実行委員がおり、約 300名の子供たちが登録・活動をしているそうで、市町村が関わる公式な組織体とし ては大規模な形態を作っている。

今回、西宮市教育委員会を通じて、このような寄贈計画が実施され、円滑に導入が図 られたのは、兵庫県の施策である「スポーツクラブ21」によるところが大きい。
県では、21世紀に向けて、豊かなスポーツライフを実現し、スポーツを通じた地域コ ミュニティづくりを進めるため、2000年度から法人県民税の超過課税を財源として、 全県下の小学校区に地域スポーツクラブを設置する支援事業を実施する「スポーツク ラブ21ひょうご」を推進し、「だれもが、いつでも、身近なところで」スポーツがで きることを目指した地域住民の自発的・主体的運営によるスポーツクラブを行ってお り、西宮市ではその傘下施策として「スポーツクラブ21にしのみや」として活動をし ており、これらの環境があっての導入となった。


 
.
大林校長先生も直々にグリップの仕方を説明

 
実技講習では、ショット練習で40ヤード先のフラッグにボールがくっついて喜ぶ児童 や、後半に行なわれた実践コースプレーでは、リッチ・テイトプロがチップインバー ディを決めるなど、大いに盛り上がった。

また、給食の時間には、指導して頂いた轟プロ、テイトプロが6年1組と2組にそれぞ れ招かれ、一緒に昼食を食べながら、ゴルフ体験の話に花が咲いた。

株式会社JOYX では、日本の未来を担う子供た ちに、スポーツを通じて健全に育ってもらいたい、という願いを込めて、今後も各種 イベントを開催して、社会貢献に努めていくそうです。


 
. .
西宮市ゴルフ協会スナッグゴルフ部の
方々も親切に指導
  給食に招かれ人気もののテイトプロ


もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION