お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2007
[ニュース]
2007年1月〜
スナッグゴルフ対抗戦東京地区予選会は立教小学校が3連覇し全国大会への出場権を 獲得

 
.
選手宣誓をしたのは立教小学校の土居武くん

 
第3回スナッグゴルフ対抗戦東京地区予選会は、東京都多摩市にある府中カントリー クラブのドライビングレンジにて行なわれた。

東京地区予選会は梅雨入り直後の前線の影響で、お昼前後には強い雨が降ったが、大 会開始前には雨もやみ、予定した9ホールをプレーすることができた。

昨年の東京地区予選会は、台風1号が温帯低気圧に変わった影響による豪雨で、最終 組が1ホールだけプレーした状態で中断となり、約2週間後に延期開催された実績もあ り、無事に大会が成立できて大会関係者は胸をなでおろした。

 
.
府中CCのドライビングレンジを使用して大会が行われた

 
競技は、ドライビングレンジに特設されたスナッグゴルフ特設コースの9ホールによ るプレーが行なわれ、第1回大会から全国大会に出場して実績のある立教小学校が予 選大会3連覇、そして全国大会に5年連続5回目の出場を決めた。5年連続5回目の全国 大会出場は、沖縄県の壺屋小学校、島根県の赤江小学校と並んで3校のみ。

 
.
アプローチをする選手

 
優勝した立教小学校は今年の1月に、3年生120名の中からスナッグゴルフ対抗戦への 参加希望者を募り、希望者による選考会を校庭のスナッグ特設コースで実施し、精鋭 の6名を選考した。そして学期が変わり4年生となった6名がこの大会に挑んだとい う、早い段階での取り組みの効果が現われた。

 
.
優勝した立教小学校は府中CC内田支配人より表彰状を受ける

 
立教小学校の全国大会での成績は、第1回大会、第2回大会で連覇しながらも、第3回 大会では不本意な15位でシード権を失い、昨年もシード権を得られる上位3位以内に わずかに3打届かず4位という惜しい成績で、今年も予選からの挑戦となったが、予選 から勝ちあがった立教小学校は、過去の栄光を奪還するため、全国大会までに練習を 積む予定。

 
.
ベストスコア賞の3選手

 
 
.
参加選手全員による記念撮影

 


【第3回スナッグゴルフ対抗戦東京地区予選会成績/498ヤード・パー36】

優勝 立教小学校 169ストローク <全国大会への出場権を獲得>
2位 日野市立第四小学校 202ストローク
3位 大田区立地雪小学校 213ストローク
4位 中央区立常盤小学校 216ストローク

ベストスコア賞 32ストローク
赤松大地 常盤小学校4年生
村田知瞭 立教小学校4年生
宮川真央 立教小学校4年生

交流戦の部ベストスコア賞 30ストローク
宮崎千瑛 常盤小学校5年生

ホールインワン 赤松大地 常盤小学校4年生 3番ホール21ヤード
宮崎千瑛 常盤小学校5年生 9番ホール21ヤード

<予選会にご協力頂いた方々>
府中カントリークラブ 内田裕憲支配人
府中カントリークラブ 関係者の皆様
日野市教育委員会の方々
NPO法人ジュニアゴルファー育成協議会のボランティアスタッフの皆様
もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION