JGTOについて - ツアープレーヤーになるには

真の実力者を発掘する為、広く門戸を広げておりますので、我こそは実力があるという方、
未来のスターとなるべく第一歩を踏み出してみませんか?

ジャパンゴルフツアーのツアートーナメント、チャレンジトーナメントに出場するためには、まず、毎年1回行われている「ジャパンゴルフツアークォリファイングトーナメント(QT)」(ファースト~ファイナル)に出場しなければなりません。
そして、最終ステージであるファイナルQTでの上位者が、翌年度のツアートーナメント及びチャレンジトーナメントへの出場資格(ツアーメンバー資格)ランキングを獲得することができます。

現在までに、星野英正選手、谷原秀人選手、近藤共弘選手、池田勇太選手、藤本佳則選手、ベ・サンムン選手、キム・キョンテ選手などがファイナルQTを経てツアートーナメントで活躍しており、優勝する選手も誕生しています。
また、セカンド~ファイナルQTまでの出場者を翌年度の「ツアープレーヤー」と呼称し、QTランキングを獲得するとともに、主催者選考枠やその他での出場対象者となることができます。

クォリファイングトーナメント(QT)に出場するためには、各ステージそれぞれに出場資格が設定されており、資格に該当する者が申し込みを行い出場することができます。(詳しくは「QT実施要綱」をご参照ください)

トーナメントの構成図

トーナメントの構成図

ツアートーナメント

原則として木曜日から日曜日の4日間(72ホールストロークプレー)で開催され、予選ラウンド36ホール終了後、上位60位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出します(各日18ホールストロークプレー)。
フルシーズンの出場有資格者は約100名です。

チャレンジトーナメント

36ホールストロークプレー(2日間)を基本として、予選18ホール終了後、上位60位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出します。
賞金ランキング1位者が翌年のツアートーナメントの出場資格を得る他、上位者もツアートーナメントの優先出場権が得られます。

クォリファイングトーナメント

ツアートーナメント、チャレンジトーナメントの出場権獲得を目的とし、毎年1回、QT(ファースト~ファイナルの4段階)が行なわれます。
ファイナルQTの上位約30名が翌年のツアートーナメントへ、上位約120名が翌年のチャレンジトーナメントの出場資格を得ます。
またセカンド以上の出場者(アマチュアを除く)には、最終順位によるQTランキングが与えられ、翌年度のツアープレーヤーと呼称されます。

広告